スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




苦悩の原因〜其の六〜

※この記事は、2009年1月12日を持って非公開とします。


ステータス上は、“彼女アリ”。
が、うれしさはない。
あるのは、複雑な心境だけ…。


翌朝、彼女からのメール。
今まで友達時代には一度もなかった「おはようメール」だった。
しかも、妙に浮かれてるっぽい絵文字が多い。


・・・。


かなりの違和感がアリ。。
恋人として見ろったっていきなりはムリな話。
だって、こちらは昨日までずっと友達として接してきたのだから。
このギャップにはさすがについていけなかった。


さらにその翌日。
これもまた今までは一度もなかった「仕事での愚痴メール」が届いた。


・・・。


ハァ。。(ため息)
感覚としては、いまだ友達からのメールという捉え方しかできない。
ダメだ。愛情がないとここまで鬱陶しい気持ちになってしまうものなのか?
と思いつつも、差し障りないような返信をする。
しかしこの後、彼女のメールの勢いはだんだんとエスカレートしていく↑


(一応)恋人としての彼女である。
オレら、付き合い出したのだから。
なのに、自分の中では長年の女友達のままなのである。
恋人としての特別感がまったくない。
ゆえに回数が増えつつあるメールのやり取りは、決して心地良いものではなかった。
(今思えば)「恋心は生まれない」と、もうこの時点で早めに悟ることが正解だったように思う。
だが、実際はその結論に達するのはもう少し時間が経ってからのことのことだった。


さて、ここからのやり取りがこの物語の肝になる部分かと思う。
何度か書き直したが、オレの言葉に書き換えてしまうとどうもうまく描写できないので、ここは恥をしのんで実際のメールのやり取りをそのまま時間に沿って追ってみることにする(汗…大量!)


……まるで彼女はオレとの距離をもっともっと早く縮めていきたいと急いでいるようだった。


♀ キャリ子:11/6 8:57送信
「箱根行きたい!!」


オレも悪かったのだが、メールのやり取りにちょっと疲れていたオレは、このメールに対してすぐに返信できないでいた。


♂ Gal and Do
ノーレス(沈黙)


2日後、彼女からのメール。


♀ キャリ子:11/8 0:10送信
「なんとな〜く、Gal and Doさんの考えてる事、わかるような気がします。いいよ。無理しないで。」


それに対し、オレもようやく返信。


♂ Gal and Do:11/8 0:33送信
「なんつうか、ずっと長年友達感覚だったもんで、正直よくわからないってところ。心情的に特に変化はなくて…」


♀ キャリ子:11/8 0:39送信
「それって、私はどう捉えればいい?私はそれでも少しずつ変わっていければいいんじゃないか…って思っているけど、Gal and Doさん自身、その事に後ろ向きで無理だって思っているいるなら諦めるしかないと思います。」


♂ Gal and Do:11/8 0:53送信
「それもよくわからない。もう少し時間ちょうだい。」


優柔不断男子、炸裂…。


♀ キャリ子:11/8 1:31送信
「そっか。考えて…みる…?来週、どこかで夕食でもいかが?少しでも合う時間を作ってもらえると嬉しいのだけど。」


♂ Gal and Do
再び貝になる(沈黙)


最悪男子、Gal and Do。
まったくこの男、どうにも煮え切らないヤツだ。
たぶん(女性)読者のイライラ度はかなり沸点に近いところまで達しているに違いない。
そして当のキャリ子さんもその例に漏れず、とうとうシビレを切らせるのだった。


もうこの時点で自分と彼女との間には、考え方のズレが生じていた。
お互いが手の届かない位置へボールを投げ返すような、そんなやり取りが始まっていく。


しっかりと回り続けていた二人の歯車が少しずつズレ始めていることに、この時のオレはまだ気付いてはいなかった…。




つづく…。


<バックナンバー>
苦悩の原因 〜其の壱〜
苦悩の原因 〜其の弐〜
苦悩の原因 〜其の参〜
苦悩の原因 〜其の四〜
苦悩の原因 〜其の伍〜


Written by Gal and Do | comments(9)




高難度の物語

今、キャリ子さんの話の続きを下書きしているんだけども、これが実に難しい。
今回に関しては、端折ってアウトラインだけの説明にしてしまうとうまく伝わらない。
何でコトがそう運んでいくのかがわかりにくくなってしまう。
かと言って、細かく書いていくと長々と続いていってしまう。
なるべく端的に、かつ男女間のシリアスなやり取りを、どうやったら臨場感をもって文章にできるだろうか?
ん〜…。今までで一番難しい。。


記事は全部書き終えてから、順次アップしていくようにしていきます。
あ、大丈夫です。年内完結しますんで。




たぶん…(汗)


Written by Gal and Do | comments(5)




とりあえずの、今後。

いや〜、スゴイんですね。Gal and Doさんって。
このブログ、課金制にしたら商売できるな、なんて思ったりして(副業)


叱咤激励のメッセージをくれた方々、どうもありがとうございました。
すべて目を通させていただきました。
コメント欄のみならずメールでも励ましをいただきまして、ここには多くの読者がいるんだなってことを改めて実感として掴めました。


まぁ近況を申しますと、ブログのことも少しはあるのかもしれませんが、プライベートでちょっとしたコトがありまして。
それで最近はテンションが少しばかり下り気味↓
モチベーションの低下はこのあたりにも絡んでいるのかな、と。
年末にきて、まるで日経平均の株価のようなラインを描いています。


2008年、日経平均


11月からは新たな婚活はしていません(合コンはしましたけど)。
ネガティブな言い方はよろしくありませんが、ちょっと疲れてしまいました…。


さて。
今後のブログについては、正直まだ気持ちが固まっていません。
ちょっとの間、休もうかなぁとはホンキで考えていたので。


やり方としては、コメント欄を閉じる選択は確かにアリかな、とは思っています。
ただ前回のコメント欄にいくつかあったのですが、書き方に問題があるという指摘についてはそこを曲げる気はありません。そこにこそ自分らしさが出せて、個性が出せる場所だと思っているからです。それができないなら、それこそ続ける意味が自分にはありません。
(↑こういう書き方自体が良くないって言われるんでしょうけど)


毒舌主義


これがこのブログのスタイルですから。
この方が書いてて気持ちがいいのです(ゆえにストレス発散の場となり得る)
このブログの行く末はわかりませんが、いずれにしても、年内中にアノ話にけじめをつけておかなくてはならないなぁと思っています。


“キャリ子さんとのその後”


でもあのペースで書いていくと、たぶん其の拾伍くらいまでいっちゃいそうですが…(長げぇよ!)
続きを読めば、今、テンションが低い理由がちょっとはわかる、、、かも!?


たぶん。
オレの口調で書いていくと、過激組は前回以上に過激さを増すことになるのかなと…(汗)


なので。
今日からコメントは承認制に変更します。
内容によっては削除させていただきますので、ご了承ください。


というわけで、もうしばらくお付き合いいただければ幸いと存じます。


Written by Gal and Do | comments(12)




継続か、否か?

ちょっと悩んでいる(オマエはまたか!)
この「独身Days」を続けていくか、どうするか。


このブログを始める前、他にもブログもやっていた。
そっちはリアルな友達向けに、プライベート(ただし表面的なことに限定)なことやらローカルネタまでいろいろと書いていた。(オレの人生初ブログは2004年2月8日のことである)


でもリアルな友達が読んでいると、なかなか書きづらいこともある。
内面的な心情などは、あまり顔を知っている友人たちには知られたくない。
そこで、リアルな世界とはまったく切り離してしまおうと始めたのがこのブログ。
顔も知らない見知らぬ相手なら、ディープな悩みも欲望も、心の内を包み隠さず書けてしまう。ネット独特な文化というやつだろうか。


ブログ経由で知り合うということに対して、あまり積極的でなかった理由。
それは、ネットとリアルを結び付けたくなかったから。


最初はひっそりと綴っていたこのブログも、気がつけば読者が増え、アクセス数も上昇してきた。しかも取材なんかも何度か受けたりして、このブログの反響は自分の想像を遥かに超えるところまで来てしまった。


このブログの管理者であるGal and Doという名はこのブログ上だけでのHNではあるが、ここに綴られた内容は、ほぼほぼリアルな等身大のオレを、そのまま映し出していると言っていい。それはリアルな世界の友人たちが知らないからこそ書けていた内容でもある。


“本音を書く”


これがこのブログを始めたときのブログポリシー。
ひっそりと始まったこのブログも、少しずつ読者が増えてくることで弊害も生じてきた。
最近では本音を露骨に書くといちいち(一部の過激な)読者から猛烈な批判を受けることも多い。どこでもそうだが、これが人気者の宿命とも言える。
知名度が上がれば叩かれるようになることもよく承知している。
有名になるということは、そういう道を通っていくことなのだろう。
最初は気晴らし、憂さ晴らしといった“体内の毒の捨て場”みたいな感じで始めたブログが、今では逆に自分の体内へ毒を注入している気がしてしまう。


「不愉快な思いをしてでも、わざわざブログを継続することのメリットって何?」


という問いに、


「このブログを続けていくことの意味があるのか?」


そう考えるようになってしまった。


きっと楽しみにしてくれている読者、応援してくれている読者というのはいるんだと思う。
…が、本音で書くたびにいちいちいろいろ突っ込まれるのはちょっともうウンザリ。
ゆえにモチベーションが低下してきているのは確か。
コンスタントに続けてきたこのブログであるが、正直、今、初めて、悩んでいる…。


カードの切り方が人生、か。。


Written by Gal and Do | comments(33)




苦悩の原因 〜其の伍.伍(5.5)〜

な、なんだこの反響(汗…)


昨日の書き方では時間の流れがわかりずらかったので、ちょっと補足。
前回の記事で、


“「ん〜、どうしよう…」とオレの内心。”


の部分を丁寧に綴ったのが、其の弐〜其の四です。
そう読むと流れがすんなり理解できるかも。


あとですね。
まだ結論を書いていないのに、オレがいかにも最終的な答えを出したかのように捉えるのは早急過ぎます。ちゃんと「つづく…」って書いてるのに…。


それと。
読んでて不愉快になるようなら、無理して訪問なさらないでください。
細木数子を嫌いな人が、わざわざ彼女の出ている番組にチャンネルを合わせる必要もないでしょうに。


オレ、独身&フリーなんだからさ、も少し自由度あってもよくないですか??


Written by Gal and Do | comments(51)




苦悩の原因 〜其の伍〜

お初の方。
いきなり五話から読んでもわかりませんので、まずはこちらを。


<バックナンバー>
苦悩の原因 〜其の壱〜
苦悩の原因 〜其の弐〜
苦悩の原因 〜其の参〜
苦悩の原因 〜其の四〜


で、そのつづき。
キャリ子さんからの告白に対して、どう返事をしたか。


嫌いではない。かと言って好きでもない。
長年友達だった彼女を、今後好き(LOVE)になれるか正直わからなかった。


「え〜!!ちょ、ちょっとホンキで??」とオレ。


コクリと頷く彼女。


「ん〜、どうしよう…」とオレの内心。


ホント、どうしていいのかわからなくて。
そしてとっさに明確な答えを導き出せなかったオレは、何とも煮え切らない折衷案で答えた。


「まぁ、少しずつ恋人として仲良くなっていくのはアリなのかなぁ」


何、この上から目線。
しどいオトコです。キッパリ振れない優柔不断なオトコ。
こういうオトコの間違った優しさが女の子たちを傷つけていくのです(わかってるじゃんか)


このオレの回答を彼女がOKの返事と受け取ったのは言うまでもなく…。
前向きに歩んでいこうってニュアンス含んでるし。。


ってことで、ここにカップル成立〜
(…なの??)


こうして2年半彼女なしというブランク期間にピリオドが打たれたのだった。
(念願の第二章??)


…が、しかししかし。
この中途半端で優柔不断な決断が、自分自身を悩める日々へと突入させていくのだった…。


つづく…


Written by Gal and Do | comments(20)




苦悩の原因 〜其の四〜

告白されてうれしい相手なら悩むことはない。
そうじゃない相手だから悩むのだ。


「友達としての“好き”はあっても、異性としての“好き”はない」


もっと露骨な表現をすれば、


「彼女を抱きたいと思えない」


一番の苦悩の原因はここにある。
長年の異性の友達ってそういうもんだと思う。
同性とか異性の枠を超えるというか。
いちいち女を意識しないというか。


女として見れた時があったなら、この7年の間で恋に向かって頑張っている時があっても良かったはず。逆にそれがなかった相手だったから、平和な友達関係を保ってこられたんだとも思う。心境的には「長年連れ添った夫婦」みたいな。


これでは付き合い出してもいきなりセックスレスになっちゃいそうで。
どうしてもトキメキを探してしまう自分はわがままなのだろうか…。
神様、おせーて!


リクエストは谷村有美の『ときめきをBelieve』をお願いします。






もうちょっとつづく…。


Written by Gal and Do | comments(6)




苦悩の原因 〜其の参〜

そもそも。
キャリ子さんとの出会いは約7年前。
同じ会社の一員だった。
当時オレは27、キャリ子さんは2つ下だから25。


最初の印象としては、別に自分のタイプでもないし無関心だった。
むしろちょっとキツめで、お高い感じがして何となく近寄り難かった。
仕事上でのやり取りもあまりなかったので、接点もほとんどナシ。
社内で会話した記憶がほとんどない。すれ違いざまに挨拶する程度。
ごくごく単に職場仲間って感じだった。


が、どういう経緯かわからんが、同じ社内でオレの友達だったT(仮名)と付き合い出した(ったくオマエいつの間に!みたいな感じだったっけ)。
Tとオレは仲が良かったのでよく行動を共にしていた(なのに気付いていないとは…)。
キャリ子さんと付き合い出してからは、Tとキャリ子さんとオレという、とても変則的構成でたびたび飲みや遊びに行った(ってか、オレの存在って何?みたいな…)。
しばらく2人は仲良く付き合っていたようだった。


ところが、Tが地方の実家に帰らなくてはならない話が浮上。
キャリ子さんは「一緒には行けない、別れるか遠距離にするかどうしよう」みたいな悩みを抱えるようになった。
その頃からである。彼女のお悩み相談みたいな形で2人で飲みに行くようになったのは。
結局、Tとキャリ子さんは別れることになった。
そんな間柄になっていったけど、オレには特別な恋愛感情が芽生えてくることもなく。


その後、互いの職場も変わり、それぞれの道を進むことに。
だが時折、「最近調子はどうよ?」みたいな呼びかけから、顔を合わせては飲みに行っていた。
互いの近況報告から、悩みから、恋愛話から何でも話ができる間柄だった。


2年前のクリスマスには(相変わらず独り身だったため)一緒に飯を食いに行ったり、たまに映画とか行ったり。
写真にもともと興味があったことから、一眼レフを勧めてみたり。
まぁ、そんなこんなで良い友達関係がずーっと続いていた。


この友達関係が形を変えるかもしれないなどと、考えたことは一瞬もなかった。
告白される今の今に至るまで。
だからオレは悩んでしまったのだ…。


つづく…(のばすなぁ)


Written by Gal and Do | comments(0)




苦悩の原因 〜其の弐〜

そういや告白されるのなんてオトナになって初めてかも。
オレの一番のぴかぴかモテ期ぴかぴかは小〜中学校時代だったから(古すぎっ!)
バレンタインのチョコにラブレターに卒業式の制服の第二ボタンにと、甘い青春の記憶がセピア色で残っている(過去の栄光を自慢すな)


実は自分も若かりし頃、友達だったコを好きになって告白したことがある。
その時の向こうの態度はとても戸惑った様子だったのを覚えている。
結局答えとしてはNGだった。
その後関係がギクシャクして、友達関係も解消されてしまった…。
そういう痛い経験がある。


考えてみてばその時の自分は、一人で気分が盛り上がっていた。
でも相手はいつも通り一友達として接してくれていたわけだから、突然告白されても戸惑うわけで。


だんだん好きになってたオレ。
ごくごく普通の友達だと思っていた彼女。


そこに大きな温度差があったと思う。
そういう悲しい過去の経験から、「いつまでも仲良くしていきたい友達に告白してはいけないんだ」という教訓を得た。


今回はその時のまったく逆パターン。
長年の友に告白するって、相当な勇気がいることだと思う。
分別わきまえたいい大人、しかも女の子が告白するんだもん。
当然、今までの友達関係すら失われてしまうかもしれないって考えただろうし。
それでも気持ちを伝えたい、そう思ったから行動に踏み切ったんだと思うし。


とか言っても。
オレの中では今の今まで、何変わらずの友達だったワケで。


「え!?なんで告白なの??」


まったくをもって想定外(想定できる告白っちゅうのもないんだろうけど)
あの時の(オレが告白した)彼女もこういう心境だったのかなぁ。


さて、、、
オレはどう返事をすればいいんだろう?
どういう答えが適切なんだろう??


その時、頭の中のCore 2 DuoのCPUが一気に回転し始めたのだった…。
(オーバーヒートしちゃうよぉ〜)


つづく…


Written by Gal and Do | comments(6)




苦悩の原因 〜其の壱〜

さて書きますか。
先週悩んでいたこと。
何回かに分けます。


まぁみなさまのご想像通りです。


ワタクシ、告白されました!


長年の女トモダチからです。
相手はこのブログにもたびたび登場していた“キャリ子”さん。
写真始めようぜ!と勧めた相手でもあります。


トモダチからの告白…。
人生で初めてのデキゴトです(ゆえにこの驚き
この事態に自分自身、正直どう対処していいのかわからなかった。
だって、今の今までトモダチですよ。
いきなり告白されて彼氏彼女の関係って…。
イメージできません。


でも、彼女、本気、みたい…。


対するオレはというと、トモダチ以上の好意は正直感じていなかった。
トモダチ以上にステップアップ!?
ウ〜ム…。


互いの相手に対する意識の違いが明確になった瞬間でした…。


つづく(汗)


Written by Gal and Do | comments(8)
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS