スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




視点の違い

一部読者さんのコメントを読み、今回のゴタゴタとした議論に対し、自分なりに納得のいく答えが導けました。
結論を言えば、オレの言い分も筋が通っているし、批判のコメントを寄せてくれた女性陣の言い分も筋が通っているということです。
何か論点がずれている気がするなぁ、ってずっとモヤモヤしていたけど、以下のお二方のコメントを読んでどんよりとした空が一気に晴れ渡った気がしました。


【う〜んとさんのコメント】(4/23分)
>コンパに行く女子は、彼を求めているのであって「友達が欲しい」わけじゃないと思うんですね。

【ゆうさんのコメント】(4/24分)
>はっきり言って、女の人は、別に飲み会に男友達を求めて参加してるわけじゃないと思うし(笑)


なるほど!この視点はまったく自分の中に欠けていました。
女の子が友達ではなく彼氏を求めてコンパに参加しているとすると、Aちゃんを誘い、なおかつその友達のBちゃんを誘っているオレの行動が許せないと思うのも合点がいきます。「私を誘っておいて、何で私の友達も誘うわけ??アンタどうゆう考えしてんの??(#゚Д゚) ゴルァ!!」という感情に結び付くのも実に論理的です。おそらく批判コメントの女性陣はこっちの視点でのご意見からだと思うのですがどうでしょう?


一方、オレの論じていた立場の視点はこうです。


コンパに行くからと言って、必ずしも彼女を求めているわけではない


ここで前提がすでにズレています。
そこで出会った新しい娘たちと仲の良い友達が関係に発展できればそれはそれで素敵な出会いだと思います。
いきなり「Haa〜ステキなコやなぁ〜」って始まる恋物語あるかもしれないけど、自分はあまりこういう展開を期待していないので、まずは仲のいいお友達になれたらいいなぁ〜という心構えで合コンには臨んでいます。何でそういう期待を抱かないのかというと、合コンでは自分の好みの娘には出会えないという今までの経験的教訓からです(でもやっぱりちょっとは期待しちゃうけど)。なので、まず最初はお友達から始めましょ的なスタートから始まればいいなぁってカンジです。


う〜んとの言う、
>まず今回、その前提がコメントをくれている人たちとGal and Do さんの間にズレがありますね、きっと。


おっしゃる通り。
女性陣の言い分も筋道が通っている。
オレの意見も言い分が通っている(たぶん)。
前者が女子的思考で、後者が男子的思考だということです(もちろん個人差がありますが)。


これで少し理解をしていただけましたでしょうか?
仮にまだ納得できなかったとしても、この議論はこれで終了したいと思います。
オレ自身、とても納得いく解に辿り着いたので(なんか疲れた…)。


自分の中にない視点に気づかせてくれた読者のみなさまに感謝します<(_ _*)>


Written by Gal and Do | comments(10)




女の子独自のルールは男には通用しません

・・・・・・。
恐ろしいほどの大反響・・・。
何か一気に肩身が狭くなってしもうた。。。


女性陣のほぼすべて、「複数の娘に手を出すのは良くない」と仰せである。
(手を出すといってもゴハン行くだけなんだけど)


“1コミュニティーにつき1人”


わかりました。これはこれで、女の人というのはそういうものなのだとしっかり受け止めることにします。
オレとNickyさんは今日から思考回路を修正します(Nickyさん、でしょ?)
そしてこれを読んでる野郎諸君。
納得できなくても受け止めよう。
どうやらこれが女の子の中のルールらしい。


受け止めました。
受け止めましたが、でも男の言い分もちょっと聞いてください。


合コンやらパーティーやらってのは普通友達同士で参加しますよね。
3対3、4対4…。人数は基本、複数形です。
そんで、流れ的に連絡先の交換をすることになりました。
みんな赤外線通信を始めました。
とりあえずそこに居合わせたみんなと連絡先を交換しました。
一気に新しい女の子の連絡先が増えました♪


さてここに女の子のルールとやらを適用してみます。


“1コミュニティーにつき1人”


すると、男はこの複数の連絡先の中から次の連絡が許されるのはたったの1名ということになります。せっかくみんなの連絡先を聞いたのに。
別に彼女たちに対して、好きだとかいう恋愛感情はまだありません。
でも楽しかったから、単にゴハンを食べに行きたいと思っているだけです。


この時、男の思考はこう働きます。


男脳:
「せっかく連絡先を聞いたのに、何も連絡しないのって悪いよな(←連絡先を教えてくれた女の子に気を使う)。
ちょっとゴハンでも誘ってみようかな。(←この間見られなかった一面が見られるかもしれないし、ひょっとしたら仲良くなって恋に発展する可能性があるかも!)」


連絡先を教えてくれたってことは誘ってもいいってことだよね、と考えます。
だからそこに居合わせたAちゃんにも声をかけるかもしれないし、Bちゃんにも声をかけるかもしれない。
なぜなら「1コミュニティーにつき1人」というルールを男は知らないから。
ゴハン行きたいと思う娘に連絡してみるだけ。極めて単純なことです。


だけどどうやらここに考え方の食い違いが出てくるみたい。
こういう細かい思考回路の違いがすれ違いを起こしていくんだろうねぇ。。
やれやれまったく、これじゃいつまで経っても、何度失敗しても女性を理解していけないよ…。


Written by Gal and Do | comments(24)




捉え方の違い

昨日の続き。


レイコさんと猫さんから「オマエそれはやめとけ!」と忠告があった。
お二方、いや、読者のみなさまはやや誤解されているかもしれない。
別に土曜日に一緒に飲んだ娘に好意を抱いているわけではない(イイ娘だなとは思ったけど)。
いやね、もし少しでも好意を抱いているならもう一人の娘を誘うのはやめとくべきだとオレも思う。だけどまだ恋愛のレールに乗ったわけじゃないのだから、飲みに行くくらい別にいいのでは?と思うわけ。


じゃあ例えばこれが逆のパターンの場合で考えてみる。


・オレが連れと合コンに行きました
・ウチらはある女の子と連絡先の交換をしました
・後日、その女の子とオレは1対1のお食事に行きました
・さらに後日、その女の子はオレの連れとも1対1のお食事に行きました
・あとからその話をオレが聞きました


その時のオレの気持ちとしては別に不愉快な思いはしない。(その娘をオレが気に入っていたとするとちょっとショックを受けるかもしれないけど…)
つまり恋愛のレールに乗って物語が始まらない限り不愉快な思いはないものと思うのだ。
でも女同士はそうはいかないのだろうか??
コイツ、いろんな女に手を出しやがって的な目で見るってことなのだろうか??


しかし、どうもあとの26歳の娘は反応がイマイチなので(メールのニュアンスから)、これ以上積極的に誘うのはやめておこう。


ちなみにこの二人は過去の職場の同僚らしい。
今の二人の親密度はちょっとわからん。


Written by Gal and Do | comments(14)




下がり続ける曲線↓

いやいや、最近の株価の下げっぷりには驚かされる。今日も前日比-752.89円。
下がり続ける相場はないと思っているが、みるみる下がって、とうとう昨年来安値をつけたとか。いや〜塩漬けの方、ご愁傷様です。
株の秘訣は損切りです。それに尽きます。頑張ってください(オマエに言われたくない)。


それはさておき。
人生も下がり続ける曲線はないのです。
ある程度落ち切ったら、そこから上昇反転、あとは上向いて上っていくだけです。


恋愛運が下がり基調のあなたでも、底値まで落ちたら後は上昇!
一旦、底値まで逝っときましょう!
その苦しみの後には幸せが待っています(たぶん・・・)


どこまで落ちる?日本経済。どこまで落ちた?オレの人生…。




上向き あがれ〜あがれ〜のぼれ〜のぼれ〜 上向き


Written by Gal and Do | comments(5)




"60%"のセオリー

専門家も言っている。


本日のお悩み : 結婚を前提でしか男性を見れません・・・


残りの4割はオマエが頑張れよ、との仰せです。




6 人生、6割くらいがいいんじゃね? 6


Written by Gal and Do | comments(6)




甘え上手になる方法

特に今日は女性読者に向けて、誰にでもできる甘え上手になる秘訣を伝授しよう。


相手は自分の鏡」だと書いたが、だとすると、こちらの態度の取り方で相手の態度を変えることができる。
女のコの方から甘えれば、男もそれに応えるようになる(いやこれホント)。


どうするか・・・


「すべてをイクラちゃん語で話す」


これは効果絶大だ!



<待ち合わせの時>
女:「ハーイ!」(訳=ごめん、待った?)
男:「ハーイ!」(訳=いや今着いたところ)


<メニューを選ぶ時>
女:「バブ?」(訳=決まった?)
男:「ハァ〜〜イ!」(訳=うん、俺、カルボナーラ)


<仕事中の彼を元気づける時> ※応用編
女:「お疲れチャーン」(訳=お仕事、お疲れさまぁ)
男:「リカチャーン☆」(訳=お、リカちゃん♪元気元気!)


一気に親密度が増し、和むこと請け合い。




ラブ 誰にでもできる・・・よね? ラブ


Written by Gal and Do | comments(4)




相手は自分の鏡

相手は自分の鏡なのである。
以前の彼女と付き合っているときにつくづく痛感したことだ。


こっちが不愉快な様子でいると、向こうも同じように不愉快になってくる。
こっちが穏やかな振る舞いをしていると、向こうも穏やかである。


逆も然り。


相手が怒っていると、こっちも不愉快になってくる。
向こうが笑顔を振りまいてくれると、こっちも楽しい気分になれる。


だけどどちらかが大人になることで、その図式を変換させることができる。


向こうが怒っている時にこっちも同じように怒り出したら火に油だ。向こうが怒り出したら、こっちはなぜ怒り出したのか平静に冷静に受け止められるように振舞えば、燃え上がり出した火を沈下させることができるかもしれない。


そこまでの素晴らしい器量じゃなかった今までのオレは、それができなかった。特に同じ歳同士というのは目線が同じで妙にムキになる傾向があるように思う。彼女が年下だったら「オレが大人にならなくちゃ」という気持ちにもなれるんじゃないかってよーく考えたものだ。


30過ぎてちょっと大人になってきたと思うのは、下手なケンカするくらいならこっちから先に謝ってしまおうと思えるようになったこと。それで嫌な時間を回避できるならお安い御用。


とりあえず(←内心)「ゴメン」(*_ _)人


でもそれが逆に彼女を怒らせたりして。。




むかっ そしたら知らん! むかっ


Written by Gal and Do | comments(5)




男が考えるモテ男の定義

昨日のコメントを読んでて、男と女が考える“モテ男”の定義はやはり異なるものなのだな、と思った。
男から見て「アイツモテるよなぁ」って思う男というのは、


・女に不自由しない男


だったりする。
しっかりと“オス”をやっている男だ。


性格がいいとか、やさしいとかというのは男同士の場合あまり評価にならない。
そういう視点よりも、決断力とか行動力とか自信とかがある男。
こういうエネルギッシュな男じゃないと女性を射止めることができないわけだ。
女に不自由しない男というのはこの辺の要素を持ち合わせており、使い方が巧みなんだろう(弟子入りさせて!)。
ゆえに男から見ても「お〜ぉ!」という評価を得られる。


男と女、いろいろと考えが違って面白いね。
だから時折、衝突も起きるけど…。


Written by Gal and Do | comments(4)




男の採点方法

おとといの続き


男の場合、どういう計算で点数を導くか。
その一例。


「顔は50点なんだけど、あの胸が80点なんだよねぇ〜」
この場合の計算式。


(50点+80点)÷2=65点


男の場合その性質上、女性のビジュアル的な要素に惹かれる傾向が強い。
どうしてもエロチックな刺激を持ち合わせているコにはポイントが高くなる。
上の式の場合、顔はまぁ普通なんだけどあの胸がいいんだよ!ということで、80点という高ポイントを獲得し、総合的に点数も高くなる。性格は合わないけど、スタイルがいいから我慢しよう、なんて考えも男の場合できてしまうわけ。


注1)貧乳好きの場合では逆に減点を食らうことも考えられます。
注2)顔がイマイチでも胸もイマイチでも料理が抜群にうまかったりすると逆転満塁ホームランが狙えたりします(内面的要素でカバーが可能)。
注3)胸の大きさの話はあくまでも例え話です。




NG 男の性(サガ)にはホントにイヤになることがある… NG


Written by Gal and Do | comments(8)




60点から始めるLove Story

昨日の続き


そうなんだよ。なにげにみんな堅いんだよ(オマエモナ)。
たぶん合格ラインの80点を越えないと、付き合ってみようって気になれないんだよ。
真面目なんだねぇ(オマエモナ)。


そこで世の独身連中に提案。


合格ラインは80点でもいいよ。
しかし最初からそのラインを超える相手ってのはそう簡単に見つかるもんじゃない。
あれ待てよ、でも60点くらいの人なら辺り見渡しゃいるんじゃね??
そしたらさ、60点台から始めてみるのはどうだろう?
すでに半分はクリアしてるしさ。
そのプラス10点分には多少なりともいいなと思える“何か”があるはず。
60点からのスタートでも、ひょっとすると70点、80点と欽ちゃんの仮装大賞よろしく得点が上がっていくかもしれない。でも逆に50点、40点と落ちていくこともあるかもしんない。そしたらそれはそれでいいじゃん。学べることはきっとある。


人間って付き合いの中から変化していくもんだと思う。
そりゃね、いきなり80点から始めたいよ。
物語のしょっぱなから胸もときめくさ☆
でもいつまでも独りの時間を過ごすのと、人間同士の付き合いの中から成長していく時間を過ごすのとどちらが良い経験を積めるのか?


なんかそういう考え方ができる人が、たぶんカレシカノジョをすぐに作れる人なんだろうな〜、なんて思う今日この頃。


ラブ だからさ、60点のアイツに行ってみちゃえ! ラブ


Written by Gal and Do | comments(12)
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS