<< 苦悩の原因〜其の七〜 | home | 苦悩の原因〜其の九〜 >>




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




苦悩の原因〜其の八〜

※この記事は、2009年1月12日を持って非公開とします。


PCからその日の夜に送ったメールの中身。


♂ Gal and Do:11/9 21:07送信
「なんか答えを出すのが早いよね。自分ひとりで先急いでる感じがする。無返信だったのは悪いと思うけど、それはどう返していいかわからなかったから。
自分の中でまだ整理できていなくて、前にも言ったけどよくわからない状態。
だからちょっと時間をちょうだいって言ったよね?

告白されたことはとてもうれしいことだったけど、自分にとっては長年続けてきた友達関係だっただけに、この先、恋愛感情が芽生えるかどうか全然わからなかった。
でもお互いのことはよく知ってる仲だし、これから好きと言う気持ちが芽生えて行けばいいかなとも思ってた。

だけど。
好きという気持ちがなければ、誘いたいとも思えないし、いろんな計画を立てようって気にもなかなかなれなくて。だから、恋人としてのイメージが全然湧かなかったというのが正直なところ。すごく葛藤の日々を送ってました。

〜(中略)〜

キャリ子さん的にはもう友達関係に戻るのもやりづらいってことで、すべてを終わりにしようと思ったわけだよね?
自分の中できっちりピリオド打てたなら、今さらどうこうって話を持ち出すのも傷を悪化させるだけのような気がするのでこちらとしては素直に受け止めることにします。

しかし長年の友を失うのは寂しい気がするよ。。
もう少し時間を置いてみて、また友達としてやっていけそうな気になったらまた連絡をください。


これから寒くなるけど、体調壊さず仕事にプライベートに頑張ってください。」


Gal and Do


-------------------------------------------------------------------------------


この件でいろいろと考えるのは、もう疲れていた。
彼女が終わりにしたいという結論を出し、それに納得できたなら、もうこの物語の結末は“別れ”、つまりは友達としても“終わり”という最悪な形でも仕方がないと思っていた。


しかし、どう考えても長年の友を失くすのは惜しい。
社会人になってから続いてきた異性の友達。
互いが互いの弱さをさらけ出せる相手でもあったわけで。
やっぱりこのままで終わってしまうのは残念すぎる。
そう思い直し、夜になって一文追加。それが上のメールの緑色の部分


それが功を奏したのかはわからない。
メールを送信した翌日、キャリ子さんからの電話が鳴った。


受話器越しで謝るキャリ子さん。


♀ キャリ子
「自分が取った行動は確かにGal and Doさんのおっしゃる通りだと思いました!ごめんなさい!!」と。


自分ひとり急いでしまっているのを彼女自身、自覚したようだった。


♂ Gal and Do
「少し時間ちょうだいって言ったじゃん。答え出すのが早すぎるよ。」


ちょっとの間、話した。
別に険しい空気はない。
互いがいつものような口調だった。
そして近い内に飯でも行こうと約束を交わす。
でも会ったら伝えよう。今の自分の正直な(この迷っている)気持ちを。
そうせずにはいられなかった。




つづく…


Written by Gal and Do | comments(4)




スポンサーサイト



Written by スポンサードリンク | -
comments
GaDさんのブログを読んでいると、

「あ〜、あのときの彼の気持ちはこんな気持ちだったのかも」

と思うことがよくあります。
もちろん、実際の彼の気持ちは同じではなかったかも
しれないけど、答えが分からない今となっては、
GaDさんのブログで、納得することも多いです。

キャリ子さんが自己完結させてしまおうとするのは、
自分がこれ以上に傷つかないようにするための
自己防衛なんだろうなと、
キャリ子さんと同じようだった私は思うんだけどな・・・。

GaDさんのブログを参考に、今はグレーゾーン満載の
片思い中です・・・



あずき | 2008/12/28 13:29
これを言っちゃうと、元も子もないというか
今更言われてもって感じだと思うんですけど
「少し考える時間をちょうだい」
これを告白された時点で言っていればここまでこじれなかったんじゃ?と思います。
GaDさんがキャリ子さんからの告白に対して、曖昧ながらもOKの返事を出してしまったから
キャリ子さんも早くGaDさんとの距離を縮めたいと思ったのでは?

なんというか
GaDさんの書き方だと、まるでキャリ子さんに全て非がある、と思っているように見えてしまうんですよ。
キャリ子さんが一人で急いでいるのが全て悪いんだ、と…
確かに一人焦ってしまったキャリ子さんにも悪い所はあったと思います。
ただキャリ子さんを焦らせた原因はGaDさんにもある訳で。
何が言いたいかというと、キャリ子さんだけが謝るのはなんか違くないか?って事です。
具体的に言うと、
「自分が取った行動は確かにGal and Doさんのおっしゃる通りだと思いました!ごめんなさい!!」
の後、GaDさんから
「こちらこそ、メールに返信しなくてごめん。」
の一言ぐらいはあってもよかったのではないかと思ったのです。
(ブログに書いてないだけで、実際そのような一言があったならごめんなさい)
なな(し) | 2008/12/28 13:37
わたしだったら、こういう内容のメールもらったら、
凹んで立ち直れそうにないのに、
キャリ子さんから連絡があったということは、
ブログの文章だけでない、こう、なんというか
行間があったんだろうな。と。
めぐ | 2008/12/28 13:56
ご自分でもわかってると思いますが、好きに変わることはまず無いかと。
都合のいい解釈を後付けで考えてませんか。
私も以前に似たような経験ありまして、取り繕っても疲れるだけでした。

しかし、ここまで公開してしまうとは驚きです。相手方が見てるリスクもありますし。
miz | 2008/12/28 15:25











※コメントは即反映されますので、しっかりとご確認の上、送信してください。
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS