スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




29歳差

えぇとぉ。


34−29=


"5"


よ〜し、今から幼稚園生に目をつけておこう!
…って、おい!!


ホントにここにピュアなラブがあるのか?
両者に不純なき透き通った心が!!


と、おじさん お兄さんは問いたい。


Written by Gal and Do | comments(3)




人は見た目が何割?

話が脱線しました。
資料は3ページ目


しかしこの統計、ちょっと偏りすぎている。
回答数の男女比内訳を見ると、女性数が遥かに多い。
本来、この手のアンケートは男女別に分けるべきだろう。


さて、本日のお題 =「恋人に求めるもの」


・1位=性格(88.2%)
・2位=価値観(71.8%)
・3位=容姿(35.2%)
     :
     :


性格、価値観と、これまたよく見るごくごく普通の結果が出ております。
3位の容姿にちょっと異議アリ!


確かに性格&価値観の一致はとても大切だと思う。
「恋人に求めるもの」という問いに対しての回答ならば、これらが最も適当だ。
が、しかしだね、容姿という要素は決して軽視できない気がする。
反感覚悟で言わせていただくが、男の意見を素直に率直に言うなら、やはり見た目カワユイ娘がイイ。
男はバカだから、中身が空っぽでも見た目が良ければそれだけで満足できてしまう(その後長く続くかは別にして)。
合コン満足度はココに直結するといっても過言ではない。


しかしこれは男に限らず、女の人もそういう考えを持った人が多い気がする。
口には言わないけど、まずはビジュアル的な合格点ラインをクリアしないともうその先はない、みたいな。
合コンで面白くないということは、イケテル人(イケメン)がいないということ。
何だかんだ言ったって、自分の中で一番最初にふるいにかけている要素が“容姿”の部分ではないだろうか?性格だとか価値観という要素ではかるのは、まずはその第一関門を突破してからなのだ。


どうよ?そこらへん。


Written by Gal and Do | comments(7)




絶対ねぇ物語

たまたま見っけた。


「運命の恋人」(購読無料)


こんなの絶対ねぇ! あー こんなの絶対ねぇ! あー こんなの絶対ねぇ!



冷や汗 はい!オッパッピーヾ(゚∀゚ )ノ゙ 冷や汗


Written by Gal and Do | comments(2)




出会いのきっかけ

資料の2ページ目。


本日のお題 =「出会いのきっかけ」


出会いのきっかけの統計を見ると、必ずと言っていいほど職場での出会いが最も高い。いわゆる社内恋愛ってやつ。実際、オレの周りを見渡しても、既婚者のかなりの割合が職場 or 仕事を通して知り合っている。やはり普段の会う頻度で互いが惹かれていくものなのだろうか?オレには経験がないからよくわからん。
仮にあったとしても、社内恋愛反対派なので、前向きに恋を発展させていこうとはおそらくないだろう。実際今の職場は9割が男なので、そういう展開は将来的にもまったく望めないのだが…。


次いで2位が「友達の紹介」、3位が「学生時代(←一番理想的やなぁ)」。
合コンの出会いが4位で12%程度らしい。
確かに合コンというのは出会いの手段ではあるけれど、結び付く確立は低いようだ。自分自身も33年間の内で一回も合コンで彼女ができたことがない。また、周りを見渡してみても、合コンで結婚まで結び付いたカップルは1組もない。案外望めないのが合コンなのだ。


そしてそして、「ネット系出会いサイト」では、悲しいことに6.1%。
出会いの手段で一番簡単なネットではあるが、これまた難しい。
これは自分も縁結びをやっていたからわかるのだが、一度に複数の人とやり取りしていると、どうしても1つ1つの丁寧さが失われていく。そして「ダメならダメで次に行こう」という安易な考えから、相手を次々に変えていく。
結局、始まりが容易であれば終わるのも容易だということ。これがネットでの出会いがなかなか本気の恋愛に発展しないところだろう。


統計を見てわかるように、やはり出会いのきっかけは“リアルな世界”からのスタートが良さそうだ。30を過ぎて出会いの数は激減したが、それでも自ら行動を起こしていくことで、チャンスを掴む可能性は高くなる。今年はリアルな世界での出会いに重点を置いているので、どんどん攻めていきたい。


というわけで、もう一度周りを見渡すことから始めてみては??



Written by Gal and Do | comments(11)




『結婚白書2007-2008』

面白い資料を見つけた。
明日からこの資料を元に、いろいろ語ってみたい。
予習しとくように。


ウエディングウォーカー「結婚白書2007-2008」(PDF、19MB)
http://www.walkerplus.com/wedding/pdf/hakusho2007.pdf


Written by Gal and Do | comments(2)




カードを切ったオダギリジョー


男の決断・・・


アムロ、いきまーーす!


この年の瀬に結婚発表か。
このブログでもたびたび登場してもらったオダジョーの突然の決断。
しかも相手は11歳も年下。
ん〜羨ましいジョ〜。


昔はずっと年上のお姉さんに憧れ続けてきたオレだが、さすがに自分もこの歳になってくると上の選択肢も狭くなってくる。
最近に至ってはやはり年下がいいな〜と思ってしまう自分がいたりして。


しかし10個も下でも恋愛対象になるのか。
経験がないからわからないや。


でもでもやっぱり若い奥さんは羨ましいジョ〜。




ショック オマエのギャグはしつこいジョ〜 ショック


Written by Gal and Do | comments(3)




カレシのケータイ、見ますか?

「浮気、してないでしょうね?」
――女性の5人に2人が“恋人のケータイを盗み見たことがある”



だけど何で嫌な思いをするかもしれないようなことをわざわざしようと思うのかね。皆目わからん。


オレは今まで彼女のケータイを内緒で見たこともないし、見たいとも思わない。
「知らない方が幸せ」なことは知らない方がいい。
彼女がひょっとして浮気していたとしても、それを知らなければ幸せな時間は続くのだから、変な詮索はしない方がいい。何も自分で不幸のトビラを開くこともあるまい。


昔の彼女に、旅行先でこっそりとケータイを見られたことがあった。
別に見られても構わない。やましいことは何もない。
だけどその時、女友達とのやり取りをした履歴があったらしく、後から追求された。


「私と一緒に旅行してるのにどうして他のコとメールなんかするわけ?」
と彼女の言い分。


「そりゃメールが来りゃ返信くらいするでしょ。別に浮気メールじゃあるまいし。」
とオレの言い分。


旅行中にやり取りしたことが気に食わなかったらしい。
別に見たからってケンカはしなかったけど、ちょっと勘弁してよとオレの内心。
信用されてないんだな、っていうのはよくわかった。


お互い付き合っている仲でも、そこまで干渉し合うのは窮屈すぎる。
相手に対して信頼があれば、そこまで縛る必要はないと思うんだけど。




ケータイ ケータイ覗き見する人は、相手を信用してない証拠です ケータイ


Written by Gal and Do | comments(7)




モラトリアムな子羊

子羊の話。結論から言うと、


「早く別れろ」


というのが女性陣の大方の意見だった。


好きという感情が薄れてしまっているのに、付き合っていることのどこに意味があるのか?ダラダラいつまで経っても決断の下せないモラトリアム症候群ではないか。


彼は(オレと同じで)自分からフレないタイプ。
彼女からその言葉を待つ(仕向ける)タイプ。
なるべく傷つけたくない心情はわかるが、これは男のやさしさというより単なる優柔不断ではないか。女のイイ時をいたずらに奪ってはいけない。


さて、みんなからアドバイスをもらって彼はどういう行動へ出るのか。
あとは子羊クンが自分の意思で決断する。




ラブ 即決できる男に私はなりたい ラブ


Written by Gal and Do | comments(0)




デキ婚ブーム!?

最近、デキ婚がブーム!?


でも大抵、つけてればできないよね?
ってことは何かい?やっぱ「生」ってことかい??
まぁガマン汁でも危ないっていうけど、それだけでみんなこうもデキちゃうわけ?


ダルビッシュも最近、イイ男になったなぁと思っていたが、やることはやってるのね。そりゃそうよな。20前後なんて、もうやりたい盛りだもんな。でもよ、つけてしろよ。デキ婚が悪いとは言わないけれど、やっぱ相手のことを大事に思うなら守ろうぜ。


最近のAVはやけに中出し映像が多い(演出)。
男ってココから結構学ぶじゃない。
自分の若いころの作品はそんな映像は今ほどなかったと思う。
何だかそういうAV映像のトレンドも影響してるのかなぁ、とか思ってしまう。


でも男の場合、デキちゃわないと結婚しようという気持ちもなかなか芽生えないのも事実。強烈なきっかけになるっちゃなるんだが。


若くしてデキちゃって結婚するのはいいんだけど、やっぱり合わないからといって離婚するってな流れになると、子供も悲惨だし、引き取る方も大変だよな。最近そういうシングルマザーが多い。オレの友達にもいるけど、やっぱ見てると大変だ。そう考えると、やっぱ順番ってあるよねぇって思うわけ。


どうせオレは古い人間ですから。





赤ちゃん ちょっぴり羨ましい気持ちも無きにしも非ず、だったりするんだけど 赤ちゃん


Written by Gal and Do | comments(4)




ビビビ婚

Yahoo!トピでこんなのを見つけた。


「相手と出会ったときに「結婚すると思った」、約4割」


オリコンが行った結婚観や結婚事情に関するアンケート。
これを見るとまず、


・「結婚相手との出会いの場所」


1. 会社内
2. 友人の紹介


う〜む、やはり社内恋愛が多いんだよなぁ。
出会いのきっかけってどのデータ結果みてもそうだよね。
そんなに会社に出会いなんてあるかっちゅうねん!!
これは社内にきちんと男女の存在がある場合にのみ成立する(かもしれない)図式。
ウチの会社は圧倒的に男ばっかだから、この可能性は限りなく透明に近いブルーくらい薄い…。


2の友人の紹介は、まわりも落ち着いて来たヤツも多く、そういった紹介はほとんどなくなった。
今まで友達に紹介されて付き合うところまで行ったことがないので、経験的に希望が持てない。
そうすると今の生活範囲内だとリアルな世界にゃ出会いってねーなぁ。


・「出会ったときに結婚すると思ったかどうか」


出会った時にいきなり結婚を意識するかぁぁ??
30過ぎるとそれもあるのかも。
だけど面白いのは30代の男は「結婚すると思った」が6.5%とダントツ低い。
20代と20%も差が開いてるよ。
30代男子は何だか諦め感の強いジェネレーションなのか?


でも半数以上は「結婚するとは思わなかった」という結果。
つまり、最初は別に好感がないところから始まっても、付き合っていく中でそういう気持ちが芽生えてくるのかもしれない。


結論。


「好きじゃなくても、結婚すると思わなくても、付き合ってみて様子見すりゃいいじゃな〜い」


ん〜、そういうもんかねぇ。。




ラブ 運命の人は案外すぐそばにいるのか?? ラブ


Written by Gal and Do | comments(5)
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS