スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




初めてのデートはランチにするか、ディナーにするかという議論の真意

婚活ROIを改善させたいなら初めてのデートはまずはランチで設定する。
確かにその方が良さそうだ。


■ランチであまり会話が弾まなかった、自分のテンションが下がった場合
 → 話してみて何だか微妙だなって思った場合は、ランチのみで強制終了(=早めの損切り)

■ランチが楽しかった、自分のテンションが上がった場合
 → 楽しい時間が過ごせたら、その後ちょっと外をぶらぶらして、ディナーも誘ってみる(=有望銘柄へ再投資)


今回は男の立場から見たROI改善策の議論であって、女性の立場は考慮していない。
なぜにこんな議論しているかというと、(初期の)デートでは10:0で全額こちら持ちってことも少なくない。10出さないまでも、6〜7くらいは男が持つのがたぶん普通だろう。
男が出さないと気がすまないなんてことは全く思わないが、やっぱそれがマナーかなと(相手が年上のことってあまりないし)。
と、まずはこういう前提がある。


でもこうしたコストはその後、結果が実れば別に構わない(=差益)のだが、途中で途切れることも多々ある(=差損)。
そう考えてみると、やはりココの無駄なイニシャルコスト(初期費用)がROIを悪化させている原因となっていることに気づく。


物事なんでもそうだけど、何かを始めようとする時はイニシャルコストがかかるもの。
写真を始めるにしてもカメラは最低いるし、必要に応じて付属品もいる。
テニスをやるならラケット、シューズはテニス用を揃えたい。
最初はお金がかかるけど、その後は楽しい趣味の時間が手に入るわけだ。


じゃあ、婚活におけるデートの場合はどうか。
男は頑張ってイニシャルコストをかけました。
でも、その後いい展開が生まれず、結局終了。
コストをかけてもそれに対する見返りは必ずしも得られるわけではない。


そんなことを散々繰り返してきたオレだから、こうやってROI改善策なんてことも考えてみるわけ。じゃあどうしたら改善できる?


それで導き出された答えが、「初めのデートはランチから」っちゅうこと。
確かにこれならコストを大きく削減できそうだ。
早めの損切りができれば、無駄に軍資金を減らすこともなくなる。
期待がこめられそうなら、更なる買い増し。


でも。
矛盾な話なんですが、女の子と二人で飲むお酒ってのがワタクシ大好きで。
いろいろ語りながら飲んでいるとストレス発散にもなっていたりして。
そういう意味ではコストは削減できそうだけど、今度は溜まったストレスが解消されなくなりそうだ・・・。


Written by Gal and Do | comments(8)




婚活ROIを改善する方法

前回の「恋愛におけるROI」の記事の続きです。


ある読者さんからおてまみをいただきました。
彼女は以前からブログのファンでいてくれて、オレがちょっと迷ったようなときに要所要所で適切なアドバイスをくれる方です。
CPでキスティーを選んでみたのも、彼女のアドバイスが決め手でした。
そんな彼女が今回もタメになるアドバイスをくださいました。


(抜粋)---------------------------------------------------------------
費用対効果の話がありましたが、初回のデート費用を抑えるのであれば
☆お茶
☆ランチ
を活用するといいですよ。
Gal and Doさんは、平日に飲みに行くのが定番化しているようですが
週末に、お茶・ランチにすれば、費用はかなり抑えられると思います。
-----------------------------------------------------------------------


な〜るほどぉ〜!!!至極ごもっともな話です。
考えてみればオレってばいっつもしょっぱなから、いきなり夜の飲みを設定してしまうことがほとんどでした。
自分が飲みたいってのもあるし、飲みながらだといろんな話ができて楽しいし。
たぶんお酒があった方が親密度のスピードが早いと思っていたからです。
しかし、そうすると出費がかさみます。
その後必ずしも続くわけではないので、コストがかかっている割には収穫がない。
つまりはROI的に見たらダメダメじゃ〜んってことになります。


振り返ってみれば縁結び時代も結構無茶なデートをしていたかもしれません。
初めて会うのにいきなりお台場とか行っちゃってみたり、午前中から待ち合わせることも多かったです。まるまる一日のデートコースをいつも考えてしまっていたわけです。
そりゃ〜あ〜た、高くつきますよ。


でも、彼女からのアドバイスは目からウロコでした(早く気づけよ!)
そっか、最初はお昼とかお茶にすれば夜ほどコストはかからないのか!
いきなりヘビーなデートコースを考えることもないのですね。
この当たり前過ぎることに気づいていなかった自分は非常に愚かですねぇ・・・。


よし、これからはまずはランチデートだ!
これでROIはだいぶ改善される・・・ハズ。。


Written by Gal and Do | comments(7)




切り替えの速さが大事です

昨日のメールの返信が今日になって届いた。
まぁ別に来ないままでも良かったんだけど。。
これが自分がお目当てのコだったら超待ち望む返信だけど、別にそういう気持ちもなかったし。ただ地元で飲み友ができればいいなぁって思ってただけなんで。
彼女との次は想像しがたいが、出会い活動にはいろいろありますから。


「ダメだこりゃ、次いってみよぉ〜」


昨日も書いたけど、ホントこの切り替えの速さが大切っす。


でも・・・


出会い活動、あまりにも慣れすぎちゃうのもヤだなぁと思ってて。
合コンでもCPでも、次はもっとイイ人がいるんじゃないかって考えて、結局ずっとそのループから抜け出せなくなるのだけは避けたいなぁって思ってます。


Written by Gal and Do | comments(2)




賢明な選択?

ROI的な視点を持ったまま、この前のCPの話へさかのぼる。


前回のCPは感触としてイマイチだった。
「おぉ!」というお目当てのコと出会えなかったというのが一番。
会話のノリも、「ん〜、微妙…」みたいな。
一応連絡先はいくつかいただいた。
その中から発展させたいと思えば、その可能性はゼロではない。
しかし、そういう今ひとつ乗り気になれない相手に向かって時間とコストを割くのはもったいない。
そして何より気力がわかない…。


仮に。
まぁ誰かを食事にでも誘ったとしよう。
いやらしい計算をまた始めるが、一回の飲みで5,000円かかるとする。二人分なら1万円だ。
あまり乗り気じゃないコに時間+費用1万円。
でもひょっとすると、そこから恋愛感情が芽生えてくることもあるのかもしれない。
もしそういう展開にでもなれば、決して高い額ではない。


が、しかし。
1万円あったらCPに2回参加できるよね。
新しい出会いもあるし、イイ相手とも巡り会えるかもしれないよね。
そっちの方が有効的な1万円の使い方なんじゃね?などと計算してしまう。


ゆえに。
前回知り合ったコたちとは、その後続く物語はない(若干1名を除いて)。
気持ちが乗らないのにデートするってのも相手に失礼でしょ。


Written by Gal and Do | comments(1)




恋愛におけるROI

婚活はお金がかかる。
コストが発生する場合、ビジネスの世界では考えなくてはならないことがある。
それが、


ROI(アールオーアイ)


“return on investment”の略。日本語では“費用対効果”とも言われる。
要するに「投資したお金がどれだけの利益を生み出しているか」ということ。
コストパフォーマンスの良し悪しを測るための指標といえる。
婚活においてもコストが発生する以上、そのことを念頭に置かねばなるまい。


例えば結婚相談所などに登録すると莫大なコストがかかる。
でもそこで運命の人と出会うことができ、幸せな結婚生活が生涯送れたとするならば、そこで発生したコストは決して高くはないだろう。
ネットの出会いだってタダじゃない。
CPだって参加費が、合コンにしたって飲み代がかかる。
このように出会い活動には常にコストがかかるわけだ。
資本主義の世の中、何をやるにしてもお金がかかるようにできている。


更にである。
ちょっといやらしい話になるが、デートにもお金がかかる。
初めてのデートでお食事に行きました。
はい会計です。
まぁ割り勘とか6:4とかで割るって考え方はある。
しかし、そういう勘定をしている姿はあまり美しいものではない。
男には最初くらいスマートに見せなくちゃ、などという変な見栄があったりする。
とすると、更にコストは膨らんでいくわけだ。
縁結び時代、幾度とデートしたにもかかわらず結果として実りないオレとしては、ROI的に考えて、問題ありまくりぢゃん・・・(涙)


確かに行動を起こしていくことは大切なことだ。
でも果たしてそこに投資して期待できる効果が得られるか?
投資したいという気持ち、価値はあるのか?
婚活においてはそういうシビアな視点も必要なんじゃないかと思うわけ。
なぜならば、時間もお金も潤沢にあるわけではないのだから。


しかし大人になるとやらしい考え方が湧いてきてイヤですねぇ・・・。




to be continued… (え!?続くのかよ!)


Written by Gal and Do | comments(7)




出会いのルート

がっつくと言っても、何をどうすればいいのか?
出会いのために取るべき行動は?戦略は?
いま一度考えてみる。
今の自分の生活の中にある“出会いのルート”を洗い出し。


★ルート1・・・「職場」
周りを見ても仕事を通しての出会い→結婚がやっぱり一番多い。
職場での出会いを期待したいところだが、社内の男女比がアンバランス過ぎる職場では、このルートはもはや期待できない。
ちなみにウチの職場の男女比=95%が男(涙) (;´Д`)オトコクサイ…


★ルート2・・・「友達」
友達→恋人への発展形を体験したことがないのでちょっと考えづらい。
でも、この展開を期待したい自分もいる。
過去を振り返れば、今までの彼女は“友達”段階を経由せず、いきなりお付き合いという経路を踏んでいる。


★ルート3・・・「友達の紹介=合コン」
いわるゆ合コン。
34年間の経験上、合コンで上手くいったためしがないので、今さら期待できず。
それにもう駒もない。


つまり現状の自分の身の回りからは、もはや出会いは期待できない。
となると新規の出会いを発掘していかなくてはならないわけだ。
エネルギーの注ぎ場所はまさにココ。


★ルート4・・・「インターネットでの出会い」
まぁ去年は縁結びとかやったけどさ。
出会いはいくつかあったけど、結果として実らず。。
しかしきっかけとしては有効な手段だと思う。
ただリアルな世界で会う約束をするところまで時間がかかり過ぎるのが難点。


★ルート5・・・「CPでの出会い」
今まさに実践中。
出会いまでの時間がネットより断然早い分、こちらの方がやりやすい。
即効性はGood!これからの展開に今一番したいところ。


★ルート6・・「サークルとか習い事とかでの出会い」
まぁアリっちゃありなんだけど、それが目的ってのも動機が不純だしなぁ。
出会いを目的に新しいコミュニティに参加する気力が湧かない。
趣味を通して、たまたまいい人と巡り会えたっていう展開でもあれば、棚からぼた餅なんだけど。友達の輪を広げたいならこのルートが一番かと。


★ルート7・・・「どこかでナンパ」
そんな強気な行動力があったら今ごろ独りでいない・・・。


きっかけなんて何でも良くて。
どんな出会い方であれ、続くか続かないかなんてあとは生身の人間同士のコミュニケーションの問題なんだし。出会いがないと嘆くなら、ネットでもCPでもやってみりゃいいわけで。
鈴虫寺のお坊さんも「やれることをまずやりましょう」と説いておられましたよ。


というわけで、出会いのルートで今一番期待できるのはやっぱCPなのかなぁ。。


Written by Gal and Do | comments(8)




好みの女性(3)

男子の多くは彼女にはやっぱり癒してもらいたいという願望を持っているものだと思う。
「バブ〜」といってイクラちゃんみたいに甘えたいものなのだ(それはオマエだけじゃね?)。


普段どんなにバリバリにステキなオーラを放ちながら仕事をしている男子も、そのスイッチがOFFになったときには絶対的に普通の男子に戻る。オレは普段からそういうバリバリな華麗臭は放っていないが、加齢臭は放ち出した…(涙)


自分も癒されたいが、彼女にとっても自分が癒される相手であって欲しいと願う。
言葉交わさずともただ一緒にいるだけで癒される存在、心地良い存在。そんな関係に憧れる。やはりお互いが支え合える存在であるということが、付き合う上で何よりも重要な要素なのかと思う。尊敬できる気持ちもあり、支えあえる心もある。なんて素晴らしい二人なのだ!


心も身体もお互いに委ねられる存在であり、さらに相手のことを支えてあげたいという気持ちが自然と湧き出てくる、そんな人と出会えたら、30過ぎてからの結婚への道のりはそう遠くないと思うのだ。


早くバブ〜したい!


Written by Gal and Do | comments(4)




好みの女性(2)

付き合う上で最も大事な要素。
それは、


尊敬できる点がある


これがないとたぶん継続できない。
歴代の彼女の共通点として必ずこれがあった。
性格的には結構気が強いタイプが多くて、きちんと自分というものを持っている。
こうしていきたいという前向きな考え方を持っていて、それに対して行動も伴う。
仕事に対してもプライベートにしても自分磨きを忘れないタイプ。
だからポジティブだし、アクティブだし(そういうエネルギーをもらっていた気がする by 軟弱男)


気が強いゆえ、物事もはっきり言うし自己主張もしっかりする。
だからケンカし出すと、もうどうにも手に負えない。
口で勝負しても勝てない。だからと言って手を出すことはないが・・・無言で堪える(涙)。



時には落ち込むことがあっても全然いい。
自分にしか見せないそういう弱気な面を見ると逆に胸キュン☆である。
「オレがやさしく癒してあげるよ」みたいな (*ノ▽ノ)キャ
(男はたぶんギャップに弱い)


仕事に対してしっかりした考えを持っているというのは非常に好感を持つ。
明確なビジョンを持ちながら仕事に取り組んでいる人はとてもステキだ。
自分の中にちゃんとした軸があって、キャリアアップのための努力を怠らない人。
別にバリバリの働きマンが好きってわけじゃないんだけど。


趣味でも仕事でも何でもいいけど、尊敬できる点があるってことはオレには重要な要素かな。
逆にオレの中で、どこか尊敬できるとこがあるかどうかはとても不安だが(汗)



つづく・・・


Written by Gal and Do | comments(5)




好みの女性(1)

そういや長い間ブログをつけてきているけれど、好みの女性について語ったことがあまりなかったように思う。
昨日のコメント欄でも、


「おいおいGal and Doさんよ、いったいオマエさんはどんな女が好みなんだ?えー??」


というお声が多かったので、ちょっとこのあたりを何回かに分けて書いてみたいと思う。


と、その前にですね、昨日コメントくれたたむたむさんのコメントにとても好感を覚えました。こういう考え方ができる女性が好きです!


オレってば基本、放任主義。
それは相手に対して全然気にかけないということではなく、全面的に信頼を置いてしまうから。
だから相手のことを束縛したり、詮索するのを好まない。


例えば彼女にたくさんの異性の友達がいたとします。
それは自分と出会う前から付き合いのある友人たちです。
自分の場合、「オレと付き合うんだから縁を切れ!」とは言いません。
むしろ「その友人関係は大切にすべき!」と言います。
その友達たちとの付き合いの中から形成されていった彼女の人柄。
そういった友達たちや今までの経験があったから今の彼女がいる。
そしてそういう彼女に惚れた自分。
ここで縁を切れなんてのは、強い独占欲の束縛以外の何物でもない。
先に友人との予定が入っていたとしても「オレとの約束を優先しろ!」とか絶対言いたくない。「じゃ、オレはまた別の空いている日でいいよ」と返すと思う。


こういう考え方のオレなので、当然逆も理解して欲しいと思っている。
キミとはお付き合いするけれど、オレの友達は性別問わず大切な友達ばかり。
だから女友達と縁を切れとか、会わないでとか言わないで。
信頼してくれていれば心配なんて無用でしょ、って。
それでもそういう注文をつけてくるなら、もうすでに価値観が合わないのでどんなにタイプのコであったとしてもたぶん無理。


このくらいの寛大な気持ちは持っていて欲しいなぁと思うわけ。
たむたむさんのお友達たちみたいだと、たぶんオレが窮屈になっちゃうと思う。
でも女性の多くはそっちの考え方の人が多いんだよねぇ。
だからたむたむさんみたいな考え方のできる女性がとても好きです。


しかし彼女(=ハニー)はやっぱり自分の中で1番のスペシャルな存在なので、他の女友達と同レベルってわけではない。
ここらへん、誤解なきよう。



つづく・・・


Written by Gal and Do | comments(8)




デートを断る理由

オレは男であるけれど、あえて「デートに誘われたら(受身的立場)」という設定で話を進める(便宜上、点数をつけてランク分け)。


【A】
好きな人(点数で言うと80点以上)からデートに誘われたら、

ヽ(゚∀゚)ノウヒャ!

当然断る理由はない。
むしろ他の予定をキャンセルしてでもこっちを選ぶ。


【B】
好きとまでいかない人(50点以上)からデートに誘われたら、

(*´∀`*)ホゥ

特に予定もなければ断る理由はない。


【C】
好みとまでいかない人(50点未満)からデートに誘われたら、

σ(・_・)ポリポリ

ここでようやく断る理由に考える。
決定打がなければ受けるかもしれない。


【D】
明らかに好みじゃない人(20点以下〜マイナス)からデートに誘われたら、

ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

好みじゃない決定的な理由が必ずあるはずなので、明らかに断る。
(ごめん、都合が悪い的なやわらかな表現で)


さて今回の26歳のコ。
位置的には【B】に属する。
「特に予定もなければ断る理由はない。」に該当する。


そこで昨日の高尾山の誘いの話
断る決定打もないわけだ。
オレとしては別に行っても構わないと思っている(一瞬戸惑ったけど)。
それに行ってみたら50点から70点とかに上昇するかもしれない(逆もあり)。
以上のことから積極的ではないにせよ、高尾山の話は進めてみてもいいかな。
(いい写真撮れるかもしれないし)


でもデートを断る理由ってのは、男女差というより個人差だと思うのよねぇ。


Written by Gal and Do | comments(10)
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS