スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



Written by スポンサードリンク | -




職業上のステータス

去年の4月にこんな記事を書きました。


「Gadさんって、あれから仕事、見つけたの?(結婚するってーのに)」


と思いながら読んでいてくれてる読者も多いことでしょう。
つーことで、そのあたりのことを今日はちょっと。


えぇと、厳密に言うと職業上のステータスは変わっておりません。
言ってしまえば、まぁ“無職”のままでございます。エー!マジカヨー!ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル


「っていうか、っていうか、なによ、それって無職で結婚決めたってこと??」


と思ったアータ、


「はい、その通りでございます!」


そうなんです。就活の前に婚活が終わったという不思議。
いやはや、これだから人生ってわかりません。マヂワカラン!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
あ、もちろんこのことを彼女には隠しておりません。もう最初からオープンでしたし。


とは言ってもですね、さすがにあれから何ヶ月も経つので、さすがに無収入では経済的に身が持ちません。定職での仕事はしていませんでしたが、仕事をまったくしていないのではなく生きてくための小銭稼ぎはしております。
ただ、これからいろんな準備をしていかなくてはならないわけでして、それってやっぱ仕事というのを一番の基板にしていくものだと思うので、いつまでも流浪人をやっているわけにもいきません。(お金もたくさんかかるし…)
なので、


「まずはオレが仕事をキメること!」


このことが今の二人にとって一番優先度が高い決めゴトとなっています。


年齢も年齢だけに、そうコロコロと転職もできなくなってきました。35過ぎの転職は、かなりの決意が必要です。ましてやこのご時世。大卒の就職率60%台という現実を見ても、30半ばを過ぎたオッサンが容易に希望の職が見つかるほど世の中甘くはありません。


と書いてくるとネガティブな印象を与えてしまいますが、当の本人は案外そんなこともなく。(ノ∀`) オマエダイジョウブカヨ…シンパイダゼ…
決して余裕があるわけではありませんが、この長い時間を使わせてもらってじっくり考えることができました。


「オレは仕事で何をイキガイとしていきたいのだろう??」


「結婚が決まったのだからがむしゃらに働け!」そんな意見がたぶん大多数なのかもしれません。ですが、次の仕事ではその働き方の中身が自分にはとても大切になると思っています。もう一人じゃないのでそう悠長なことばかりを言ってはいられないことも重々承知はありますが、日々の充足感には仕事は決して欠かせないもの。それが人生の喜びにもつながっていくのだろうと思うので、自分の思い描く将来につながるための道を次の転職では選ばなくてはいけないと思っています。


そんなことをここんところずーっと考えてきてましたが、そんな中、最近ある道がスッと見えてきました。


「オレがやりたいことの根本って、こういうことなのかもしれなーい!」


そんなふうに思える光の道が。(ソフトバンクじゃないよ)
自分の道が決まったら、今は止めている二人の生活のいろいろな話が一気に動かせるようになるので、また新たな展開へと進めるのではないかと思っています。


去年のおみくじの大吉は婚活に効き、
今年のおみくじの大吉は就活で・・・


効いてほしいな☆彡


Written by Gal and Do | comments(7)




好きになっちゃうかも…

例の新人ちゃん。
帰り道の方向が同じ彼女と最近一緒になることが多くて。
今日も偶然(?)駅で一緒になった。
同じ電車に乗ると、「前を走る電車が車両点検のため〜」とアナウンスがあり、しばらく止まってしまった。


頼れるGal and Do先輩
「おいおい、マジかよ〜」


時間もちょっと早めだったことから、


頼れるGal and Do先輩
「しゃーないから、時間潰すために軽くやってく? あ、無理はしなくていいけど」


と誘ってみたらOKの返事。(ってか、この誘いのロジック、変だよな。。)


頼れるGal and Do先輩
「んじゃ、月曜から遅くなるのもツラいから、軽くね」


週のあたまだというのに、飲みに行く。
飲みながら、その後の仕事について聞いてみた。
新人ちゃん、悩みながらも頑張っている様子。
若いうちはそれでいい(オマエ随分と偉そうだな)


頼れるGal and Do先輩
「恋愛方面での悩み事はないの? 前にも言ったように、オレそっちが専門だから(笑)」


一歩間違えばセクハラ質問ですわ(いや十分セクハラか・・・)
そうすると、新人ちゃん、昔の彼氏の話をしてくれました。
意外にも恋愛となると自分からアクションを起こすタイプらしい。
いわば今流行の“肉食女子”


頼れるGal and Do先輩
「まぁさ、若いうちはいろんな恋愛した方がいいよ。失敗しても全部が経験になるから」


などと、またしても生意気全開のアドバイスをした。
今日は軽めと決めていたので、1時間半ほどで店を出る。


頼れるGal and Do先輩
「またさ、何か考え事とかあったら声かけてよ。好きな人とかできたら相談に乗るぜ〜」


そしたら、


新人ちゃん
「Gal and Do先輩のことを好きになっちゃうかもしれませんよ〜(笑)」


頼れるGal and Do先輩
「(内心ドキッ!)ははは、一回りも離れてるのに好意を持ってもらえたら光栄だなぁ」


そんな風に返したものの、結構リアル感があったからちょっとGal and Do先輩、動揺してしまいました(汗)


年下に揺さぶられる、案外ちっぽけなオレ・・・。


Written by Gal and Do | comments(6)




新人ちゃんの悩み 〜其の弐〜

08年入社の彼女。
去年の7月から配属されて我々と友に仕事をしている。
なので、まだ1年と経っていない。
そんな新人ちゃんのお悩み。


新人ちゃん
「私、皆さんの期待に応えられていないと思うんです」


彼女が小さな胸を痛めて悩んでいた核心部分。(実際はボインちゃんだけど・・・サイテー!)


「自分のスキル不足によって周りに迷惑をかけてしまっているのでは?」
「みんなの期待値まで自分は全然達していない、いつまでも未熟のままだ」


そう悩んでいたのだった。
彼女は実に真面目なコ。
それゆえに、自分で自分に負荷を大きくしてしまっている。
責任感を強く感じてしまっている。
それで潰れそうになってしまっている。


でも入社1年目なんて誰でもそんなもんだ。
彼女と同じ年の頃、ピチピチヤングで純粋なGal and Do少年は、まったく同じような悩みを抱いていた。だから彼女の心情もとてもよくわかる。
せっかくなんで、オレの昔話をしばらく聞かせた。


いくつになっても悩みは付きモノ。
月日が経てば解消されることもあるが、またその場所に立てば立ったで新たな悩みが生まれる。
特に1年目じゃ右も左もわからないし、経験がないから自信も湧かないし、仕事で不安を抱くのは当たり前。


頼もしいGal and Do先輩
「入社1年目なんてみんなそんなもんだって」


そう言葉をかけたが、そんな言葉で解決できるならば世の中みんなHappyだ。
鬱病だってこの世からなくなる。
特にこういった心理的なものは性格にも寄るので、そんな簡単に修正できるものでもない。
さらに言葉を続ける。


頼もしいGal and Do先輩
「会社も周りもさ、今すぐの成果を求めているわけじゃないから。
 今は目の前にあることをコツコツとこなしていけばいいんだよ。
 あとは普段から業界の勉強することも大事だね(オマエもしろよ!)
 たぶんネガティブな考えは、考えるなと言っても消えるものじゃないからさ。
 悩んでもいいけど、仕事以外で気晴らしできることを見つけるといいよ。
 飲みに行くでもいいし、趣味にはまるでもいいし。メリハリが重要ね。
 大事なことは今を継続していくことだから。」


とまぁ、そんなようなことを先輩ヅラして偉そうに語るGal and Do先輩。


頼もしいGal and Do先輩
「まぁさ、隣の部署だけど、また何かあったら気兼ねなく相談してよ。
 今度仕事早く終わったらさ、ラーメンでも食べに行こうぜ!」


効果があったかわからないが、新人ちゃんの表情もだいぶ明るくなった。


頼もしいGal and Do先輩
「あ、ちなみに仕事の相談よりも、恋愛相談がオレの専門分野だから」


新人ちゃん
「じゃあまたお言葉に甘えて恋愛相談もさせていただきます(笑)」




オレからの元気玉、彼女に少しは届いたかな??


Written by Gal and Do | comments(4)




新人ちゃんの悩み 〜其の壱〜

カフェでの紹介があった日の夜の合コンの話も書きたいところだが、鮮度が高い内にこっちのネタを書こう。


例の新人ちゃん
先日、たまたま仕事帰りに一緒になった。
彼女とは途中まで同じ方向なので、いろいろと話しながら帰った。


オレの印象だが、彼女は仕事中によく何かを考え込んでしまっているような素振りを見せていた。
何となくストレスを抱えている感じ、と言ったところだろうか。
それが気になり、


「何か悩み事とかあったら相談してよ。直属の上司じゃないからこそ話しやすいこともあるだろうし」


その時はそう言葉を残して別れた。


そしたら今日、会社のメール宛に一通のメールが。
差出人はその新人ちゃん。


> お仕事のことで少々ご相談したいことがありまして…
> ご相談といいますかちょっとお話聞いていただけたら、といった感じなのですが。
> (この前のお言葉に甘えてずうずうしくもお願いしてしまいました…!)(抜粋)


「やっぱ何かを悩んでいたのかぁ」そう思った。
でも頼ってもらえるということは先輩として嬉しいことだ。
すぐさま返信。そして何度か社内で秘密のメールを交わす(サーバ管理者、中身見ちゃヤよ!)
今週は明日以降は時間が作りづらいというので、急ではあったが今日で時間を調整することに。
仕事の後、職場の最寄の駅で2人で待ち合わせた(社内の人に見つかったら確実に誤解されるよな。。)
こうして社外で2人で待ち合わせるのって初めて。
とりあえず飲みながら話をすることに。


「一体メールしてくるほど、どんなことで悩んでいるのだろう??」


オレの内心は密かにドキドキしていた。




つづく…。


Written by Gal and Do | comments(0)




3日遅れのバレンタイン

例の後輩のコ
隣の部署である彼女とは、普段、業務の中では基本的にあまり接点がない。
だが、今抱えている案件を一緒のチームとしてやっているので、その件でのやり取りは生じる。
今日その彼女と話をしたのだが、自分の席に戻った後、再びササっと来て、


「遅くなっちゃいましたが、いつもお世話になっているんで。。」


と、バレンタインのチョコをこっそりとくれた。



チョコレートフリークのオレであるが、この義理チョコ制度はあまり好きくない。
理由は簡単。1ヶ月先の(3倍返しの)ホワイトデーの存在。
これがあるがために(すごく感じが悪いかもしれないが)、


「義理チョコはメンドクセーーー!」


と思ってしまう。(あ、ちなみに本命は歓迎♪)


なのだが、今回は隣の部署だけど「普段お世話になっている先輩へ」という心遣いをすごく感じることができて、何だかおじさん お兄さん、心がちょっとあったかくなりました(〃∇〃)


Written by Gal and Do | comments(3)




新卒Girlがぶつかった壁

2008年入社の新卒の女の子、23歳。(ほぼ一回り違う…)
今、とある案件で一緒に仕事をしている。
彼女が受け持った初めてのクライアント仕事。
ゆえに、何もかもが初めての経験。


そのクライアントってのが、これまた厄介で。
先方は誰もが知るグローバルカンパニー。
といっても、だからと言ってキチンと仕事をしてくれるかっていうとそうでもない。
名前から見れば有名&一流企業であっても、一緒に仕事をしてみると案外グダグダだったりする。
こっちはスケジュールを厳守していても、クライアント側の遅れでその進行が狂わされることは実によくある。直前になって情報が差し替えになったり、方針が変わったり。
そんなの日常茶飯事と言っていい。


で、今回の某企業もまったくこういったありさま(怒!)
クライアント側の協力なくして、スムーズな進行などありえない。
今抱えている案件なんて本当は昨年12月が納期だったのに、いまだ修正を繰り返されている始末。
こっちは時間がタイトな中、スケジュール厳守でコトを進めているというのに。


さて、その新人ちゃん。
担当した最初の仕事がそんな厄介な案件だったもんだから、見ていて気の毒になる。
それなりに経験を積んでいるオレでさえ、この案件は非常に厄介(ってかもうウンザリ)だと思っているくらいなのだから。


♀ 新人ちゃん
「Gal and Doさん、いろいろお手数おかけしてスミマセン!(ペコリ)」


♂ Gal and Do
「いやいや、君が悪いんじゃないから謝らなくていいって」


スムーズに進められていない原因を、自分に非があるんじゃないかって思ってしまっている。
心にゆとりもまだないので、一人で責任感じちゃって。


♂ Gal and Do
「いや、こういうトラブル案件の方が後々のいい経験になるから」


と、やさしい先輩は(笑顔で)アドバイス。


♂ Gal and Do
「いくら言っても言うこと聞いてくれないなら泣いちゃえ!
 そしたら『ウチの新人、よくも泣かせたな!』ってオレが出てくから(笑)」


とまぁ、和やかな空気を作るのも上の仕事。
この一件が落着したら、飲みにでも連れてってやるか〜。
あ、変な下心はないですヨ。


自分の担当案件もそれだけではないので、今はちょいと仕事で疲れてます…。


Written by Gal and Do | comments(4)




ムラタセイサク君は、いるよ

幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2007」なるイベントへ行ってきた。これもお仕事なのである。デジタル機器のトレンドや最新技術の仕組、動向を知っておく必要がある。今回は中でも目玉となっているテレビの会場をメインに回る。とてもじゃないが、1日で全部回りきるのは困難だ。ターゲットを絞ってそれに集中するのが賢い。


いや〜今どきのテレビは実にキレイだ!
液晶テレビもプラズマテレビも、もはや見た目では差は感じられない。
大型画面ばかり見て回ると欲しくなってしまう。
なにせオレの部屋のテレビは、未だに1990年製のブラウン管テレビなのだから…(涙)


そして特に今回注目だったのが、いち早くソニーが世に送り出した「有機ELテレビ」。こいつがついに12月に発売される。


最薄部3mm、11型で20万円。スゲーけどまだ高いよ…。


でもって、こっちは日立が開発した超薄型液晶テレビ。


32型で厚さ1.9cm!驚愕!!


液晶と言えばシャープ。


厚さ2cm。2010年の実用化を目指してるとのこと。


あまりテレビのことばかり書いても飽きちゃうので、別のネタへ。


KDDIブースでは、au design projectの新作「INFOBAR 2」の実機に触れてきた。実はこれも有機ELディスプレイ。十分美しかった。



NECブースでは「PaPeRo」がお出迎え。



そして何と言ってもオレ個人的の本命がこれ「ムラタセイサク君



生で見るの初めて♪



片付けられちゃうセイサク君



今回の一番の収穫は村田製作所ブースでもらった「ムラタセイサク君 LEDライト付キーホルダー」。ちゃんと光るんだぞ。


今回は仕事だったので、コンパニオンガールが撮れなかったのが残念。
次に期待しててくれ!


Written by Gal and Do | comments(2)




終わらない仕事

今、仕事が忙しくてブログの更新も若干停滞中。。


人が抜けたことによるタスクの増加、納期直前のタイミングということもあり、やってもやっても終わらん。ただ一つ助かることは、先日入ってきてくれた派遣のヤングなガール子ちゃんの覚えが良いこと。キチンとノートにメモも取るし、仕事も正確に仕上げてくれるし、まだ一週間しか経ってないけどなかなか良い感じ。


来月の頭にもう一人、今度はヤングな男子の正社員も入ってくるというので、うまくタスクの分散ができればオレ自身の負荷は軽減できると思う …のだが。




ラブ オラにみんなのパワーを分けてくれ! ラブ


Written by Gal and Do | comments(0)




ヤングなガール

先週金曜日から職場に新しい派遣のコが来た。
20代前半だろうか。若い!


その教育係をオレが担当することに。
なぜならオレのチームで仕事をすることになったから。


20代前半の娘と会話することがなくなってしまった今となっては、なかなか貴重な感じ。まだ2日目なので緊張しているのかおとなしめ。
これからお兄さんがゆっくりほぐしていってあげるからね♪(コイツ危なっ!)




ラブ 若いオナゴの血が吸いてぇ〜 ラブ


Written by Gal and Do | comments(2)
AD
Twitter
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
FRIENDS
ONLINE COUNTER
現在の閲覧者数:
COUNTER
累計の訪問者:
BLOG RANKING
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 週刊ブログ王 人気ブログランキング
OTHERS